忍者ブログ !--shinobi1-->
コンボとは一つの芸術である
[1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か以前聞いたところによると移動起き上がりの途中キャンセルができないらしい。

なので前移動起き上がり→発生の早い必殺技or無敵技ができないとの事。

一応ガードはできるけど・・・代わりに全体の動作が少しだけ短くなったとか・・・

と言う記事は以前書いた気もするけど、でも移動起きがまだ目立つCS。


元々ノエルでは恩恵が少なかった移動起きキャンセルだから、

それができなくなったのはむしろ都合がいい話だけど、

これを見ると受身狩りについてなおさら考えないといけないだろう。

いろいろ試したが恐らくダウン中の補正関係は一切なくなった可能性が高いので、

ノエルならばBCハイダーで確実に起き上がりや寝っぱなしを狩りたいところである。


なので、ノエルのコンボ締めはできることならばハイダーの当たる間合いにしたいね。

となると 4D→トリガー の出番になる。

まあ、深く考えなくてもコンボの締めに組み込めばいいだけなので、


~JD→派生6D→派生6B→派生C→派生4D→トリガー


が決められるならばこのようにするとやりやすいだろうね。

フラグさえ立てていればトリガー後は最速で1度目のBハイダー。

このコンボ締めができればそのままフラグは立てられるので問題は更にない。

しかも早めにハイダーを撃てば緊急受身されても有利Fは稼げるので、

当たらなかった場合は6Dが重なると起き攻めにもいいかもしれない。


そして、相手が何もせずにBハイダーが当たった場合はもう一度Bハイダー。

2度目のハイダーからタイミングを見計らった受身狩りが始まる。

こちらとしてはハイダーのディレイで読み合いを行い、

最速移動起き上がりか寝っぱなしかによってタイミングを変えるだけ。

それにCSではヒット数継続時間が短くなったので、

CTの時よりもディレイ要求幅は短くなったからやりやすくなっただろう。


最悪緊急受身をされても状況はほぼ5分状態なのでリスクはないはず。

問題は移動起きを逃してハイダーが当たらなかった場合。

今回のシステム上確定反撃ではないだろうけど状況はあまりよくないが、

でもそこまでリスクは高くないはずだから受身狩りはやって損はないと思う。


この起き上がりの仕様変更はあまり話題に挙がっていないけど、

受身不能時間短縮システムと相まって結構重要な事だと思うね。

BCハイダー始動でノーゲージ5200はすでに確認しているから。

まだ稼げる可能性とフェンリルで900+と考えれば、

ひょっとしたら7000のラインに達せれるかも知れない。


受身狩りハイダー・・・CTでもやっていたがCSで更にすごいことになるとはね。OEE

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
来訪者数
日付
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
自己紹介
HN:
風月 ルイ
HP:
性別:
男性
趣味:
コンボ研究
自己紹介:
いわゆるコンボ屋

昔からいろいろな格闘ゲームの
コンボは作ってました。

ヴァンパイアセイヴァー
ストZERO3
GGXX各シリーズ
メルブラ(琥珀限定)

HPは一応あります。
まあ、放置してますが

<最近のキャラ事情>

【ブレイブルー】
アズラエル(メイン)
ノエル(コンボ専用)
レイチェル(鑑賞)
【セイヴァー】
アナカリス

【GAD】
デス仇とパンチョス

ギルティーACのコンボは
一応完了しております。
一応ニコニコ動画の方に
コンボは上げられているので
見られる方はそちらで見た方が
手っ取り早いと思われます。

↓これ私のmixiです。
http://mixi.jp/show_
friend.pl?id=5066140

↓ツイッターだそうです。
風月 ルイ @rui_7566
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 OEE]
[12/09 OEE]
[03/03 OEE]
[04/18 OEE]
[12/22 BB]
バーコード
広告らしいよ
ツール紹介