忍者ブログ !--shinobi1-->
コンボとは一つの芸術である
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ま、ついでにこいつらも。

【特殊ダウン (地上喰らい)】

闇慈:天神脚 ブリジット:地上投げ (投げた瞬間)

当てれば地上くらいになると言うダウン状態。

天神脚は上手く画面端に相手を追い込む必要はある。

ブリジットに至っては 『投げ』 の攻撃判定である 『尻餅』 の打撃を消す必要があり、

『ゼイネスト』 や話し相手、あるいは 『ロジャー』 を生かせば現象は確認できる。

【特殊ダウン (空中喰らい)】

ポチョムキン:スライドヘッド

さっきのと非常に似ているが、こちらは 『空中やられ』 になるのが特徴。

ただ、『スライドヘッド』 はダウン時間が異常に長いので、

結構時間が経っても追撃ができたりする性能を持っている。

【地面バウンド地上・低空ヒット】

地面バウンド技を地上か、超低空で当てると 『地上地面バウンド』 とでも

言うべきやられ判定になり、あるタイミングで技を当てると地上ヒット 『貼り付け』 が発生。

普通のキャラだとカウンターヒットでしか起こせないが、

アバは特殊な 『地面バウンドやられ』 を起こすので、

繰り出す技によっては 『貼り付け』 が可能。

※アバ限定:地面バウンドor叩きつけ技を喰らうと地上で引っかかる動きになり、

        滞空時間が増える特殊なやられ。

        キャラによってはダウン確定が受身可になることもある。

【壁バウンド時低空ヒット】

これも特殊なやられで、条件が厳しい。成功すれば 『貼り付け』 が発生する。

なお、俺自身はやったことはないが、見たことはある。

【特殊貼り付け技】

エディー:シャドウホール ファウスト:刺激的絶命拳 ジョニー:「それが俺の名だ」 

空中ヒットでも当てると地上ヒットに戻せる技。

『エディー』 の 『シャドウホール』 はある意味そのまんま。

『ファウスト』 や 『ジョニー』 は 『RC』 『FR』 が必要だが 『貼り付け』 は発生する。

ただし、ダウン追い討ちで当ててしまうと、追撃すればダウンやられになってしまう。


何かいろいろありますな。

使いどころは限られるが、コンボではこういう情報は非常に大切になる。

『シャドウホール』 ・・・すごい技ができたものだ。OEE

拍手[0回]

PR
『ギルティーギア』 において、ちょっとばかり賛否が問われそうな新システム。

『ダウン状態』 を 『空中やられ』 にする事は連続技上かなりすごいことでもある。

単純に、『連続技の構成で、ダウンを気にしなくていい』 だけでなく、

『ダウン中は受身が不能であるため、追撃可能時間がその分増える』

事になる。まあ、そもそも 『ダウン引き剥がし技』 は 『テスタメント』 を除けば

何かと制限があるので、考え方によってはそれくらいないと使えないのかも。

【ダウン引き剥がし技】

カイ:ライトニングストライク メイ:じゃっくはうんど ファウスト:俺華

テスタメント:HSイグゼビースト アバ:FB断罪


ただね、ゆえに 『HSイグゼビースト』 はやばい事になる。

このやばさはやはり連続技上で見せつけないといけませんな。OEE

拍手[0回]

『スライドダウン』 同様に 『AC』 で追加された新やられシステムだが、

そもそも 『壁バウンド』 の新たなタイプである事は想像付くが、

その 『壁バウンド』 と比べてみると、あまり特別にメリットが感じられないのは

恐らく私だけでないと思いたい。
 

まあ、実際にこのヒット効果がある技は

『特定技のカウンターヒット』 だとか 『派生技』 だったりとか、

正直言うと 「壁張り付きでなくてもよかったんじゃないの?」 と

言いたくなる技も少なくないでしょう。でも、実際のところはどうだろう。 

何となくだが 『受身不能時間』 次第と言えば・・・ま、普通な回答か。

ただ、受身不能時間ギリギリまで使いやすい点だけはメリットだろう。


また、一応いくつか気になる事はある。

そもそも 『壁張り付き』 も、その 『受身不能時間』 がどうなっているのか分かりにくい。

ある種 『スライドダウン』 と同様に分からないところである。

家庭用がでたらこれも要チェックである。


ま、『スライドダウン』 も 『壁張り付き』 も 『メイ』にはないので、

その効果を確かめるためわざわざゲーセンで調べる気はないが、

研究次第で新たな 『何か』 が生まれてくるのだろうか。
 

と言うか、『張り付き後の滑り』 だとか、『やられ中の喰らい判定』 だとか、

あまりにも少々分からない事が多すぎるのが現状なので、

あんまり変な予想を立てても意味が薄いのかもしれないな。


ただね、『壁張り付き中』 に 『壁張り付き技』 を当てるとどうなるか?とか、

こういうことをしたら何かやばいバグが出たりしないのだろうか。

また、『低空壁張り付き中』 に 『打撃』 を加える事により、

『壁バウンド』 の低空バウンド時に発生する 『地上張り付き』 が発生しないのだろうか?

いろいろありえそうな疑問も少なくはない。あわよくば


【聖騎士団 ソル】 対チップ 張り付き戻しコンボ (未確認)

JHS→6HS→(RC)→通常投げ→6HS→(RC)→通常投げ→6HS

運よければ気絶が狙えるかも。


まあ、妄想はそこまでにしておいて、実戦的な疑問点を挙げるなら

『壁バウンド』 の時のように 『壁張り付き時』 に 『画面端でのバウンドヒットバック』 が

発生するのかどうか、これがある・ないではコンボ構成に十分な変化がある。


ただね、これが発生する技って少ないんだよね。

しかも技によっては距離限定だったり、そもそも画面端に届かなければならなかったりと・・・

どの道今後の研究次第と言ったところでしょう。OEE

拍手[0回]

最近かなり気になるこのシステム

『スライドダウン』

ヒット効果が 『擬似的なダウン状態だが、技を当てれば再び空中喰らいになる』

と言うものであるので、ある種 『ダウン引き剥がし』 と性能が近いと考えられる。

ただ、単独で浮かす 『ダウン引き剥がし』 とはいろいろと異なり、

この属性を持つ技自体 『接地させること』 を目的にしているので、

コンボの組み立てにも非常に重要な要素となる。


まあ、『ダウン引き剥がし』 は 『テスタ』 を除けば派生技やらFB技がほとんどなので、

普通に使う分には条件に制約が多くあるので凶悪性はあまり感じられない。

ゆえに 『テスタ』 は凶悪である事は言うまでもない。

で、『スライドダウン』 に関してはいろんな技にあるので、

実はよく調べると少々危険な香りがするものもあるのではないかと予想する。 


ちなみに・・・スライドダウン中は普通のダウン中の喰らい判定ではないらしく、

どうも 『特定のやられ判定』 である可能性があり、

もしそうだとすれば記憶によると 『ジャム』 のやられ判定は

他キャラに比べて明らかに高いところにも存在する可能性がある。 


だとすればかなり面白い事になる。 これはまだ確認を取っていないが


【エディー】 対ジャム、スライドダウンコンボ仮

JD→潜りギャラリー→2HS→HS召喚対空攻撃→1段ギャラリー→

対空攻撃→潜りギャラリー→移動攻撃→JD→イグゼキューターX→シャドウホール 


・・・とかね。

ただ、エディーは自キャラじゃないからゲーセンで調べる気はないけど、

この手のコンボは家庭用だと即チェックするものであり、

例え繋がらなくても大抵何かしらのコンボ構成に役に立つ事が多い。
 
ちなみにこれはダメージを重視するコンボの構成。 


どの道家庭用待ちなの話しになってしまうのだが、

今作は 『スライドダウン』 がかなりコンボに影響があるものと思われる。

でもね、『メイ』 にはスライドダウン技がないんだよね。OEE

拍手[0回]

5月31日までついに20日を切った 。

『ギルティーギア家庭用発売日』

最近は夢でも変な連続技を作っていた俺がいた。いよいよだな。


さて、ACになってから実は結構気になるこのシステム

『スライドダウン』 『壁張り付き』 『ダウン引き剥がし』

まあ、『引き剥がし』 は 「テスタメント」 と言えば・・・面倒なので説明は省く。

ただ、それよりも 『スライドダウン』 と 『壁張り付き』 のデータに関して

『○○/○○』

この数値が個人的にはかなり気になる。まあ、安直に考えるなら

『空中受身不能時間(F)/スライドor張り付き時間(F)』

だと思うのだが、その場合は左の数字が 『最大受身不能時間』 なのか、

それとも左と右の数字を足したものが 『最大受身不能時間』 なのかで、

コンボの組み立てに関して大きく影響する可能性がある。


まあ、そうでなくても 『スライドダウン』 ってやばそうなシステムだけどね。

そもそも 『ギルティーギア』 の連続技と言う者は

受身不能時間が短縮されたり、浮きの高さが低くなるこのゲームシステムにおいて、

高さを固定できる上、受身不能時間がそれなりにあると言う事実は

単純に考えても結構やばい物ではないかとよそうする。

話しに聞くと 『ヴェノム』 が 『デュービス』 を使うと何かえらい事になっているとか・・・

まあ、どう考えてもすぐに思いつくというかそういうコンボが何かと増えそうである。
 

こういうもの以外にも気になることはいろいろあるけどね。

どの道、他のコンボ製作者に負けないものを作らないといけないな。

そのためにも日々精進あるのみでしょう。OEE

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
来訪者数
日付
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己紹介
HN:
風月 ルイ
HP:
性別:
男性
趣味:
コンボ研究
自己紹介:
いわゆるコンボ屋

昔からいろいろな格闘ゲームの
コンボは作ってました。

ヴァンパイアセイヴァー
ストZERO3
GGXX各シリーズ
メルブラ(琥珀限定)

HPは一応あります。
まあ、放置してますが

<最近のキャラ事情>

【ブレイブルー】
アズラエル(メイン)
ノエル(コンボ専用)
レイチェル(鑑賞)
【セイヴァー】
アナカリス

【GAD】
デス仇とパンチョス

ギルティーACのコンボは
一応完了しております。
一応ニコニコ動画の方に
コンボは上げられているので
見られる方はそちらで見た方が
手っ取り早いと思われます。

↓これ私のmixiです。
http://mixi.jp/show_
friend.pl?id=5066140

↓ツイッターだそうです。
風月 ルイ @rui_7566
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 OEE]
[12/09 OEE]
[03/03 OEE]
[04/18 OEE]
[12/22 BB]
バーコード
広告らしいよ
ツール紹介