忍者ブログ !--shinobi1-->
コンボとは一つの芸術である
[700] [699] [698] [697] [696] [695] [694] [693] [692] [691] [690]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出た当初は不評で一時期は地元のゲーセンでもひたすらデモ画面が流れてたが、

最近では多少賑わいが戻りつつあるゲームじゃないんかな。

まあ、シードほどではないし違うにぎわい方と言うか

対戦ではなくCPU戦が昔と違ってメインになってきたようではある。

一応バージョンアップが1回はあったからここで何か施されたかもしれないが

実際に対戦も対戦でいろいろ問題があるのかもしれないけど

今の姿はある意味本来のゲームの姿になっている気もするんだよね。


ただ、店側からすればCPU戦なんかよりも対戦の方が回転が速くなるから

売り上げ的にはひたすら対戦してもらった方が明らかにいいのだろうけど、

確かに対戦が面白いゲームならばそれはそれでいいとは思うし、

それがひょっとしたらシードとかそういうゲームだったのかもしれないが、

対戦がメインと言うゲームはゲームにもよるけど

それはゲームとしてはたまにどうなのか考える時がある。


ただ、俺はこの手のゲームの対戦をやらないが、別に否定するわけでもないけど

個人的感想でシードはディスティニーを1クレやってみて即引退した。

CPU戦に俺は面白さが見出せずに諦めた。

正直何を使っても何を相手してもやることが変わらない気がしたし、

ゆえにそういう方面でやるゲームじゃないと俺は思った。

まあ、やり込めば変わる世界かもしれないが初プレイでそれを感じるからには

恐らくそういう傾向はあるんだろうとは思うんだよね。

逆に言えばゆえに対戦ではその方のがやりやすいのかもしれない。


まあ、シード批判は目的じゃないのでこれで終わるが、

一人プレイや協力プレイが行われる姿を見ると

このゲームはこのゲームである意味成功じゃないのかなと思うことがある。

実際にシード系をやらない人もやってみたり、

結構この作品の機体特性とかはうまく出来ているので

これはこれで結構遊べるものだったりする。

昔みたく低コスト切捨てゲーじゃないのは俺は非常に評価する。



最近は対戦を主軸にするゲームばかりやっているとふと思うこと。


『ゲームってなんなんだろうね』


何か忘れかけている何かがあのゲームにはあるのかもしれない。OEE

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
来訪者数
日付
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
自己紹介
HN:
風月 ルイ
HP:
性別:
男性
趣味:
コンボ研究
自己紹介:
いわゆるコンボ屋

昔からいろいろな格闘ゲームの
コンボは作ってました。

ヴァンパイアセイヴァー
ストZERO3
GGXX各シリーズ
メルブラ(琥珀限定)

HPは一応あります。
まあ、放置してますが

<最近のキャラ事情>

【ブレイブルー】
アズラエル(メイン)
ノエル(コンボ専用)
レイチェル(鑑賞)
【セイヴァー】
アナカリス

【GAD】
デス仇とパンチョス

ギルティーACのコンボは
一応完了しております。
一応ニコニコ動画の方に
コンボは上げられているので
見られる方はそちらで見た方が
手っ取り早いと思われます。

↓これ私のmixiです。
http://mixi.jp/show_
friend.pl?id=5066140

↓ツイッターだそうです。
風月 ルイ @rui_7566
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 OEE]
[12/09 OEE]
[03/03 OEE]
[04/18 OEE]
[12/22 BB]
バーコード
広告らしいよ
ツール紹介