忍者ブログ !--shinobi1-->
コンボとは一つの芸術である
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやく後2ヶ月で家庭用が出るとか出ないとか・・・

さて、コンボ制作はまだまだ先の話ではあるが、ある程度はデータを覚える必要はある。

と言うわけで最近はムックをよく見直し、データの記憶に取り掛かっている。

そこで、『メイ』 のデータに関し、かなり気になるものがあった。


<FB技・イルカさん頑張って>

この技はイルカさん横、縦から追加入力をして出す技なのだが、その受付は

・S横イルカ・・・4F~   ・HS横イルカ・・・5F~   ・縦イルカ・・・7F~

となっているのだが、そもそも 『FBイルカ』 自体の攻撃発生は

『1F』

なので 『S横イルカ』 から最速で出せれば 『5F』 になり、

元の 『S横イルカ』 よりも早い発生でこの技が出るようになるのである。

この技は始め、てっきり攻撃判定が発生してから入力するものだと思っていたため、

近距離や密着時ではなんて全く持って考えていなかった使い方であったが、

このデータを見れば、冷静に考えてもこれ自体すごい話である。


特に 『横イルカ派生FBイルカ』 に関して言えることなのだが、

『ヒット・ガード時のメリットがかなりすごい』

のがやはり特徴だろう。まずはガード時の硬化差であるが、

・S横FBイルカ・・・13F有利   ・HS横FB・・・10F有利   (お互い密着時)

らしい。基本的には 『S横FB』 をメインにと考えれば、これはかなりすごいデータである。


仮にヒットした場合は 『立ち喰らい』 で 『+1F』 され、

『しゃがみ喰らい』 では 『+2F』 されると考えれば、ヒット時は容易に連続技が可能。

しかも 『空中ヒット時』 は 『30Fの受身不可時間+ヒットストップ』 であるため、

ヒット時は見てからダッシュを行い、例の如くイルカループが決められるのは大きい。

これにより、『メイ』 にとって問題であった 『バックステップ』 が容易に狩れるようになった。


また、密着でも最速FBによって技が出て、しかもイルカさん自体空中判定になるため、

『リバサ投げ』 『直前ガード→投げ』 『ラッシュ→投げ』

といった投げの連携に対して非常に強力な割り込み技ができたと言う事にもなる。


今まで 『メイ』 を使っていて気になっていた問題点は、

『FBイルカ』 の登場により大半は片付いたのではないだろうか。

て言うか、ゲージはいるけどスラッシュ時代の 『カイ』 の 『Sスタン』 以上の性能はある。

使いどころは絞られるが、ACの 『メイ』 はこれにより

大幅な強化といえるのではないだろうか。OEE

拍手[0回]

PR

さて、ACのメイは何をすべきか大体は理解できた事でしょう。要は

『今までとは違う』

と言っておこう。各技の性能UPが明らかにメイを強化している。

問題はその分技術が必要であったり、多少のゲージが必要であったりするだけで、

それらの問題を解決すれば恐らくACのメイはそこそこ強い分類になるでしょう。

後はきちんとした各技の性能の把握と使い方の実践。

それによる経験を増やしていく事で、連続技や立ち回りを覚えていこう。OEE

第2章 メイを語る(実戦編)  第1章 

拍手[0回]

溜めシリーズってわけでもないが、今回は

『前HS』

特集といきましょう。さて、みんなは『前HS』を使っているだろうか。

少なくともガンガン使ってはいないでしょう。昔はこれを出すのも少々リスクが必要だった。

リーチや判定は決して悪くはない。ただ

『極めて隙が大きい』

のが最大のネックだっただろう。しかも昔はキャンセルするのも

『レスティブ』『イルカさん』『拍手』

の3通り。どれをキャンセルするのも問題は大きかった。

そもそも『レスティブ』は使わない。『拍手』はFRが必須。

そして『イルカさん』はキャンセルが非常に難しいと問題が多かった。

だが、スラッシュからはいろいろ話が変わってきた。

『溜め前HSの追加』

これにより内容に大きな変化が訪れた。溜め版の特徴は

『ダメージアップ』『硬直軽減』『中段化』『発生鈍化』

の効果がある。特に最後の『発生鈍化』は立ち回りではむしろプラス。

これにより『イルカさん』のキャンセルが容易になり、安全に前HSが振れる様にもなった。

そもそもMAX溜め自体がかなり硬化がなくなるのでそれなりに使え、

特に対空前HSからの縦イルカはダメージが異常なほど高いものになった。

そしてACである。やはりここは

『イルカさんFB』

の存在が大きい。これにより、『前HS→イルカさんFB』はかなり強い連携となった。

ヒット時は繋がる上ガードさせてもまだ攻めは継続。

ゲージがあるときはそこそこ狙ってもいい技でしょう。そして今度は少々大変だが

『前HSカウンター確認じゃっくはうんど』

これができると少々面白い。カウンターヒットしそうなところで前HS。

カウンターヒットした際は実質連続技になるのでさらに追撃も可能。

溜め版でできればそのリスクがかなりなくなるので使い方次第でかなり強い。

この技は決して中段だとかそういう方面で使うものではない。

牽制で生かしてこそ真の効果が発揮されるものだろうと私は思う。

ただでさえ、間合いが離れると極端にリターンが少なくなるキャラなので、

こういったネタはきちんと使いこなせるようになった方がいいでしょう。OEE

拍手[0回]

今回は6P特集。メイと言えば個人的にはコレが代名詞であると考えている。

だが、だからと言って高性能と言うわけではない。むしろ非常にクセが強い。

打点は微妙でリーチはあまりなく、発生は遅くて隙も長めと・・・ここまでだと非常に弱い。

だが、気絶値補正が3倍であるため、初段ヒット時は約18~25の気絶値が与えられ、

カウンターヒットの場合はディズィーやチップが一発で気絶する事があるほど凄いのである。

また、攻撃発生時の低姿勢は意外なほど低く、

相手が低空ダッシュであれば発生の遅さも相まって対空になることもある。

特にディズィー戦では忘れてはいけない重要な事でもある。

ただ、やはり使うところは限られる。特に今回はS縦イルカの性能上、

OHK→6P→近S の流れはあまり組まないので、連続技としては忘れてもいいでしょう。

どうしても使うならば

『OHK→6P→近S→HS縦イルカFB→○○』

を覚えよう。ただし・・・ダウンが奪えるコンボかどうかは保障できない。

さて、もう一つの使い方

『溜め6P』

だが、今回追加された『攻撃レベル6』に関して注目したい。

これさえ当てられれば拍手FRで恐らくメイ有利。

使い方次第ではかなりの効果が期待できそうな連携になるかも。

場合によってはFRをしなくてもいいかも。

少なくとも距離もかなり離れるので、時折見せる程度であれば反撃は受けにくそう。

特にS横イルカなども見せておけば容易な設置も可能になるかもしれない。OEE

拍手[0回]

性能上どうしても微妙といわざるを得ない

『レスティブローリング』

その特徴や問題点を今回は考える。そもそもこの技はどのように使われるのか考えた。

1、FRしての連続技。

FR可能なので2Dからキャンセルして レスティブ→FR→○○ は安直に思いつく。

だが、問題はある。

『レスティブのFR可能タイミングではリーチが少々短すぎる』

やはりこれでしょう。なので結局使いづらい。これをするくらいなら

『2D→じゃっく』 『2D→横イルカFB』 『2D→きりもみ』

で代用できるし、効率もよかったりする。そう考えるとこれの存在価値が正直謎になる。

だが、一応利点もある。

『対バースト対策コンボ』

これが最大の特徴だろう。なので ダッシュ2D→レスティブFR はかなり効果はある。

最悪ガードをされても反撃は受けないので都合はいい。

特に今回のバーストは発生が早くなったので、

バーストの激しい人にはこの連続技を使うとかなり効果的でしょう。

『密着時の2Dキャンセル連続技で最も効率がよくなる』

これは意外だろう。てのはさっきの繋ぎ方3つはこの問題がある。

2D→じゃっく・・・安定度は高い、だが、連続技が少々ダメージが低くなる。

2D→横イルカFB・・・密着ではFBがほぼ不能?なので連続技には行けず。

2D→きりもみ・・・安定度とある程度のダメージはある。ただ50%技。

なので、2D密着ではレスティブが一番いい事になる。ま、使い分けろって事でしょう。

2、空中ガード不能技

地味だが効果はある。何せ空中Sレスティブも空中ガード不能。

単体では奇襲程度にしかならないが、RCとJ仕込み次第ではいいダメージになる。

とくにこれが効果的になるのはやはりイルカ設置中だろう。

上手く当てれば レスティブ→追加下→設置イルカ→S縦・・・ てことも可能になる。

あとはどのようにそういった状況に持っていくかが勝負になる。

特にこの状況はレスティブがガード(すかり)でもフォローできるのが大きい。

3、JHSレスティブの活用

ある意味これだけは別性能。何せ

『空中ガード可能』 『攻撃レベル4』 『中段』 『斜め下に移動』 『のけぞり効果』

といった感じで『空中Sレスティブ』とは全く持って性能が違っている。さらにACからは

『FR可能』

という点に注目しよう。FRって事はもちろん着地の硬化はなくなり、

この技自体は中段として生きるだけでなく、FR→FD とすれば対ブッパ技にもなる。

あるいは J2HS→HSレスティブ とやればノーマルガード時は連続ガードになり、

意外といい崩しにもなったりする連携である。

また、これは非常にめんどくさいやりかただが、

『JHSレスティブFR→空中ダッシュ○○』

は起き上がりなどで仕掛けるとまず見えない連携に化ける事でしょう。

頑張ればヒット時でも狙えるので、ヒット・ガード別々に練習しよう。

ま、こう考えるとこの技も捨てたものじゃないと感じてしまう。

結局は『どう生かすか』であり、技性能としては決して悪くはないはずである。

使い方次第・・・何かメイの技ってそういうの多いな。昔から・・・OEE

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
来訪者数
日付
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
自己紹介
HN:
風月 ルイ
HP:
性別:
男性
趣味:
コンボ研究
自己紹介:
いわゆるコンボ屋

昔からいろいろな格闘ゲームの
コンボは作ってました。

ヴァンパイアセイヴァー
ストZERO3
GGXX各シリーズ
メルブラ(琥珀限定)

HPは一応あります。
まあ、放置してますが

<最近のキャラ事情>

【ブレイブルー】
アズラエル(メイン)
ノエル(コンボ専用)
レイチェル(鑑賞)
【セイヴァー】
アナカリス

【GAD】
デス仇とパンチョス

ギルティーACのコンボは
一応完了しております。
一応ニコニコ動画の方に
コンボは上げられているので
見られる方はそちらで見た方が
手っ取り早いと思われます。

↓これ私のmixiです。
http://mixi.jp/show_
friend.pl?id=5066140

↓ツイッターだそうです。
風月 ルイ @rui_7566
ブログ内検索
最新コメント
[12/17 OEE]
[12/09 OEE]
[03/03 OEE]
[04/18 OEE]
[12/22 BB]
バーコード
広告らしいよ
ツール紹介